虫歯と口臭の関係について

 

虫歯と言うと“痛い”というイメージが強いですけど、“臭い”というイメージはあまりありませんよね?

 

 

虫歯があるんだけど口臭に関係あるのか不安・・・と言う人も多いのではないでしょうか?

 

 

今回はそんな虫歯と口臭との関係についてまとめてみたいと思います。

 

虫歯って臭うの?結論から!

 

結論から言うと、虫歯は口臭の原因に大いになり得ます

 

 

虫歯がどんな臭いがするのかと言うと強烈な“腐敗臭”です。

 

 

嗅いだことがある人は少ないでしょうが虫歯になった親知らずを嗅ぐと、とてつもない臭いで虫歯が口臭の原因になる事がよくわかります。

 

 

虫歯は歯に付いた歯垢(しこう)が時間をかけて菌によって腐敗して起こる疾病(しっぺい)なので、腐ってしまった食べ物が臭うように虫歯もかなりの臭いがあるんです。

 

 

本当に軽い虫歯程度であれば、口臭に影響ない段階ももちろんありますが、歯医者に行きたくない・・・という理由から放置してしまう人も少なくありません。

 

 

しっかり歯を磨いていても、虫歯があるのを放置していて歯医者に行っていない人は少しづつ口臭が悪化してくるので注意が必要です。

 

 

また、子供と違い大人の虫歯は痛みが少ないということも影響し自覚が無いまま虫歯が深刻化するという特長もあり、長い期間放置してしまうケースは非常に多いです。

 

 

口臭が原因で大切な友達や恋人が離れていってしまうのは虫歯で苦しむ以上にキツイので、なるべく早く治療や虫歯のチェックに行くようにしてみましょう!

 

虫歯でなく歯周病が臭いの原因である可能性も考えてみて!

 

虫歯が歯に付いた歯垢が原因であるのと同じように、歯ぐきの歯周ポケットに歯垢が溜まることで引き起こされるのが“歯周病”です。

 

 

歯周ポケットの中で菌が炎症を起こして少しづつ歯ぐき口臭が発生してきますが、さらに詳しく解説すると以下のような事が原因です。

 

  • 炎症から生じた膿(うみ)が臭いを発する
  • 菌が発生させる硫化水素、メルチメルマプタン

 

炎症によって生じた膿は、強い臭いを発生させます。

 

 

膿が出てくるくらいなので、かなり深刻な歯周病ということになりますし早急な治療が必要です。

 

 

また菌自体が歯垢を腐敗させることで発生させる、硫化水素やメルチメルマプタンも玉ねぎや卵の腐ったような臭いがするため口臭の原因としては重大です。

 

 

軽い歯周病も含めると、実は日本人の80%が何らかの歯周病にかかっている・・・というデータもあるので、歯を磨いてるけど口臭が気になる・・・と悩んでいる人は自分が歯周病でないかどうかチェックしてみましょう。

 

歯周病の代表的な症状の例

  • 歯ぐきがピンク色出なく濃い赤色になっている
  • ブラッシングで出血が激しい
  • 歯ぐきが後退して長く見える

 

対策としては歯医者に行くのが一番ですが、自分でできる方法として歯ぐきの歯周ポケットを意識したブラッシングに変えてみることや、毎日使っている歯磨き粉を歯周病効果の高いものに変えたり、薬局や通販で歯周病対策のマウスウォッシュを買うことを強くオススメします。

 

オススメの虫歯・歯周病対策アイテムはコチラ